User Tools

Site Tools


jp:midi_crash_course

MIDIクラッシュコース

MIDI(MusicalInstrument Digital Interface)は音声デバイスの通信において標準的です。 このページはMIDIの簡単な説明をし、その説明はあなたの求めるMixxxのMIDIコントローラーマップの説明になるでしょう。

MIDIはソフトウェア・ハードウェアともに広く標準的に利用されています。 このデータは1980年代シンセサイザー、サンプラー、そしてシーケンサー同士の通信を目的として作られました。 これらの古いデバイスでは5ピンDINコネクターがMIDI信号を乗せていました。

今日の主なMIDIデバイスはUSBケーブルに乗せて信号を送っています。 いくつかの現在のデバイスは割と5ピンDINケーブルを使って接続しているものもあります。 DJコントローラーはこれらの 5ピンDINコネクターは通常コンピューターに信号を送る際には使いません。 それらはMIDI通信以外の能力としてMIDI以外の情報は送りません(しかし、それらは電源もUSBケーブルから供給することがあります)。

コントローラーは標準USB・MIDIクラスに準拠し(またはデバイスが「クラスに準拠しました」)特別なドライバを必要としません。 ほとんどのコントローラーがUSB・MIDIクラスに準拠しましたが、すべてではありません。 特定のコントローラーに関してはMixxx DJハードウェアガイドを閲覧してください。

Mixxxの表示は16進数のMIDI信号です。もし見知らぬ16進数があった場合、このチュートリアルを読んでください。

ひとつのMIDI信号の説明について、あなたのコントローラーがコンピューターに信号を送り、 どのような反応をコンピューターはするべきかは、コントローラーのメーカーによるものです。これは製品ページのドキュメントを これは製作者(メーカー)のコントローラーのWebサイトの製品ページのドキュメントもしくはWebサイトのサポートの項が良いでしょう。 もしそのドキュメントがない場合は、マニュアルの最後に書かれている事があります。 不幸にも、メーカーがこれら全ての情報を提供していないことがあります。

MIDIメッセージ

ほとんどのMIDIメッセージは3バイト長です。最初のバイトのMIDIメッセージのほとんどは 状態 を呼ぶバイトです。 最初のニブルはオペレーションコードで、2番目はMIDIチャンネル番号です。たとえば、もしあなたが 0x90 という信号を得たなら、オペレーションコードは 0x9 で、チャンネル番号は 0x0 (チャンネル1)となります。 全てのMIDIメッセージは以下になり、 n はチャンネル番号(0〜F)が入ります。

状態 機能 データバイト
0x8n ノート切 ノート番号 ノートの速さ
0x9n ノート入 ノート番号 ノートの速さ
0xAn 多声・アフタータッチ ノート番号 プレッシャー値
0xBn コントロール/モード変更 コントロール番号
0xCn プログラム変更 プログラム番号 (値なし)
0xDn プログラム・アフタータッチ プログラム番号 (値なし)
0xEn ピッチベンド 最下位バイト 最上位バイト
0xF0 システムの排他的メッセージ ベンダーID (データ)
0xF1 MIDIタイムコード クオンタイズフレーム (仕様を見よ)
0xF2 演奏位置ポインター 最下位バイト 最上位バイト
0xF3 楽曲選択 楽曲番号 (値なし)
0xF4 未定義
0xF5 未定義
0xF6 チューンリクエスト (値なし)
0xF7 エンドオブエクスクルーシブ (値なし)
0xF8 タイミングクロック (値なし)
0xF9 未定義 (値なし)
0xFA 先頭から再生 (値なし)
0xFB 停止中からの再生 (値なし)
0xFC 停止 (値なし)
0xFD 未定義 (値なし)
0xFE アクティブセンシング (値なし)
0xFF システムリセット (値なし)

テーブル上の太字表記のメッセージは私達に大きく関係しており、DJコントローラーはこれらの機能のみを使います。あなたがDJコントローラーの助言を求めるときは、あなたはDJコントローラーの機能やLEDと信号やノートやコントロール番号がどのように一致するかを限定する作業をします。 もしあなたのコントローラーのMIDI仕様がノートネームだけで番号がない場合、このテーブルを使ってそれらを変換しましょう10進数から16進数に変換するにはコレを使いましょう

(ノート あなたがMIDIスクリプティングでシステムの排他的メッセージを要求する時に使うでしょう。)

DJコントローラーのための典型的なMIDIメッセージ使用法

全てのコントローラーを動作させるのは難しいですが、それらにはいくつかパターンがあります。

ボタン

* ボタンを押した時: オペレーションコード 0x9 , 値が 0xf7 * ボタンを話した時: オペレーションコード 0x9 , 値が 0x00 * もしくはオペレーションコード 0x8 , 値が 0x00

発光ダイオード(LED)

ある場合のボタンの後ろのLEDは、それは例によって操作信号をコントローラーに最初の2バイト(ステータスとノート番号)が送信され、それはコントローラーがボタンを押された時に送られます。 同様に、値のバイトのためにLEDが点灯か消灯のみします。典型的には 0x00 に切り替わると消灯、そして 0x010x7f に切り替わると点灯します。 マルチカラーLEDは、色は典型的に違う値のコントロール信号を送られます。どれがどの色かを特定するには、あなたのコントローラーのMIDI仕様書を読みましょう。もしそれらがなければ あなたは他のDJソフトウェアのマッピングを見るか、少しの違う値を試してみてください。

ノブとスライダー

これらは通常 0xB のオペレーションコードをノブの相対的な値( 0x00 から 0x7F の間)と送信します。

エンドレス(連続的な)ノブ・エンコーダーは典型的にオペレーションコード 0xB と値またはエンコーダーの左右( 0x01 & 0x7F もしくは 0x41 & 0x31 )のどちらかを示します。

ジョグホイール、タッチストリップ、プラッター

これらは通常エンドレスノブ・エンコーダーよりも正確に制御され、通常、触れるか離すとボタンとして意図して機能し、スクラッチングの開始や終了を制御します。

Mixxxであなたのコントローラーを嗅ぎ取る

初めに、「Preferences」→「MIDI Devices」ウィンドウ下の「MIDI Learn」機能を試しましょう。これはあなたを助け、機能要素の割当をXMLを手動で編集するよりも素早く行えます。

あいにくいくつかの大手メーカーはコントローラーのMIDI信号情報を提供しません。この場合、あなたはコントローラーがどんな信号を送っているか見ることがMixxxで可能です。たとえ大手メーカーがMIDIドキュメントを提供しても、それは簡単にあなたのコントローラーとMixxxのコントローラーのドキュメントとして見れるでしょう。

- Mixxxをコマンドプロンプトから –controllerDebug オブションをつけて起動します。例えば:

  • Linux:
[email protected]:~$ mixxx --controllerDebug
  • Windows:
C:\Program Files\Mixxx>mixxx --controllerDebug
  • Mac OS X:
$ open -a mixxx --args --controllerDebug

- 出力を見ます

  • コンソール出力もしくは Mixxx.log ファイルにMixxxが受信した全てのMIDIメッセージが格納されます。 あなたがコントローラーを操作すると、MIDIコマンドが送られ、スクリーン/ログファイルに記録されます。 ステータス(最初の)バイトの行と表を比較し、ボタン/スライダー/コントロールがどのような信号を送っているかノートを取りましょう。
  • 例として、あなたがスライダーを動かした時のログを見ます。:
Debug: [...]: "MIDI ch 1: opcode: B0, ctrl: 2, val: 3D"
Debug: [...]: "MIDI ch 1: opcode: B0, ctrl: 2, val: 3A"
Debug: [...]: "MIDI ch 1: opcode: B0, ctrl: 2, val: 3D"
Debug: [...]: "MIDI ch 1: opcode: B0, ctrl: 2, val: 3B"
Debug: [...]: "MIDI ch 1: opcode: B0, ctrl: 2, val: 3C"
     

この実体は、0xB0(ここで MIDIメッセージ のテーブルを見て、私達はこれはコントロールチェンジ信号をチャンネル1で行われているとわかります。)を送り、 私達は2番目のバイトが0x02だと把握でき、このコントロール番号を動かし、更に3つ目の項目では操作の値か場所で、あなたは割当の際に意図的にどちらか無視できます。

- <control> ブロックのバイトの値をXMLファイルに追加する。

  • これで最初の2バイトを <control> XMLブロックの <status> と <midino> に割り当てられます。詳細は次のセクションで。

更に他のMIDIツール

Linux

コンソールを開き amidi -l を実行してください。これで接続されているMIDIデバイスリストがでます。

Dir Device    Name
IO  hw:1,0,0  SCS.3d MIDI 1

そしてデータをダンプします。 amidi -p hw:1,0,0 -d を実行してください。(hw:1,0,0 はあなたのコントローラーのリストに表示されたデバイスIDに書き換えてください) このような情報が得れます:

B0 02 3D
B0 02 3A
B0 02 3D
B0 02 3B
B0 02 3C

判断するデータがわかります。

amidiは -S オプションをつけることでMIDI信号をコントローラーに送ることができます。明示的に16進数列で2バイト同士をスペースで区切ります。例えば:

amidi -p hw:1,0,0 -S "b0 02 7f"

aseqdump は同様のプログラムです。しかし、細かいビット情報が16進数で出てきます。:

$ aseqdump -l
 Port    Client name                      Port name
  0:0    System                           Timer
  0:1    System                           Announce
 14:0    Midi Through                     Midi Through Port-0
 20:0    Tweaker                          Tweaker MIDI 1
 20:1    Tweaker                          Tweaker MIDI 2
$ aseqdump -p 20:0
Waiting for data. Press Ctrl+C to end.
Source  Event                  Ch  Data
 20:0   Note on                 0, note 1, velocity 127
 20:0   Note off                0, note 1
 20:0   Note on                 0, note 2, velocity 127
 20:0   Note off                0, note 2
 20:0   Note on                 0, note 3, velocity 127
 20:0   Note off                0, note 3
Windows

tail.exeをダウンロードし、mixxx.logの新しく追加された信号を見るか、 scons msvcdebug=1 を有効にして [compiling_on_windows|Mixxxをビルド]し、ビルドした実行ファイルを –controllerDebug オブションをつけて実行します。これはコンソールウィンドウが立ち上がり、コントローラーからのMIDI信号を受信すると表示されます。

Mac OS X

無料のMIDI Monitorをダウンロードして実行します。MIDI MonitorはMac OS XでMIDI信号を色々なフォーマットで表示するツールです。 入出力MIDIストリームを観察でき、メッセージタイプやチャンネルでフィルターをかけることができます。

無料のMIDISimulatorをダウンロードして実行します。 MIDISimulatorはMIDIデバイスをピアノやDJコントローラー的にテストするツールです。 これでMIDIイベントを送受信できます。

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.
Translations of this page:
jp/midi_crash_course.txt · Last modified: 2016/11/29 07:51 by manzyun